適度な孤立主義

ついに、21世紀のための画期的で革新的な政治のフレームワークが完成です

「適度な孤立主義」とは?

私たちが直面している国際問題には、新しい解決策が必要です。今日に広く行き渡っている政治的シナリオは、政策立案者を使い尽くされた古いアプローチで制限し、よく考えられた解決策を導入する余地を与えません。政策立案者と思慮に富んだ市民は、この問題を解決するための新しいアイデアを探しています。

「適度な孤立主義」は、複雑で予測できない21世紀のこの世界において、国が従うべき真の転換アプローチを提示する画期的な外交政策のガイドブックです。これは、節度ある孤立主義に基づいた真面目で現実的な政治哲学です。このアイデアは、西洋と東洋両方の文化、世俗的な社会と宗教的な社会、また民主主義的な政府と独裁主義的な政府、いかなるケースにおいても実行可能です。

「適度な孤立主義」は、国際問題をうまく解決するために欠かせない5つの分野を取り上げ、以下の項目のための新しい模範を提示します。 

- 閉ざされた境界線

- 国防

- 自由貿易

- 平和的関係

- 社会問題

本書で提案する解決策は、読みやすい形式で説明された、現実世界の歴史的な事例に裏付けられています。そして何より、本書は国際政治という難解な分野をわかりやすいものにし、これらの問題について、そしてこれらの問題が日常生活に与える影響へのより深い理解を提供します。

なぜ「適度な孤立主義」を読むべきなのでしょうか?

あなたがもし、私たちが直面している政治的問題に対して現実的な解決策提示しようとしても、21世紀に古いアイデアは通用しません。「適度な孤立主義」は、既成概念にとらわれず、新しく説得力のある解決策を提示できる、外交政策の知識豊富なエキスパートになるための手段を示します。国家はどのように繁栄するか、そしてどのような致命的なミスが惨事を導くのかということを現実世界の歴史的な事例から学ぶことができます。この本を読めば、国家繁栄の成功の秘密がわかり、過去と現在の経済大国についての理解を深めることができるでしょう。

以下のような、重大な現状と歴史的問題について理解を深めることができます。 

- ブレグジット ― 人々や国々にどのような影響を与えるのか?

- 国際連合 ― 何が優れているのか?どのように改革できるのか? 

- 米国軍 ― ローマ帝国との共通点は何か?

- カタロニア ― この分離独立の事例から何を学べるのか?

- 平和創出と平和維持 ― 違いは何か?国にどのような影響を与えるのか?

本書で見つかる革新的で考えさせられるようなアイデアは、外交問題において信頼される発言者になるのに役立つでしょう。

「適度な孤立主義」はどんな人にオススメですか?

どなたにもオススメです!政治学、経済学、国際関係学を専攻する大学生、そして政治に興味がある人には特にオススメします。

「適度な孤立主義」は、機会を与えながら、古い模範を打ち破り、国家が国民と繁栄を守る力を高める、実際に機能する解決策を提示します。もし現在の政治システムに不満があり、争いや分裂、使い古されたアイデアに疲れているのであれば、本書で提示するポジティブで新しい選択肢を理解できるでしょう。

国際政治についての知識を深めたければ、広い分野を押さえた「適度な孤立主義」は、無理なく短時間で読むことができ、新しい理解と政治的解決策を得ることができます。 

どこで「適度な孤立主義」を購入できますか?

私たちのウェブサイトま

このウェブサイトでは、紙書籍(ソフトカバー)、電子書籍、オーディオブックが購入可能です

いつ読み始めればいいでしょうか?

今すぐ読みましょう!早速、今日本を購入しましょう。